ふに子のふにふにブログ

ふにふにしてる優柔不断なふに子が産後うつや産後クライシスについて呟いています。過去のことはLINEを読み解きながら少しずつ追記していきます。ご興味ある方はツイッターもしくはこちらのコメント欄にお願いします。

言葉にする

父から、今後のことについて2人で話をしようと言われた。

 

そろそろ相談しなくちゃいけない時期かなと思っていたので、促してくれたのはとても助かった。

 

今はまだ主治医からもふに夫に会うのは早いと言われている。ただ、症状が落ち着くまで待つことで、関係が改善するかどうかは、今でもある程度判断はできる。

 

帰ったとして、今までのことも水に流して、一からやり直そうと、もし帰るならそうするしかないかなと思っている。

でもきっと流さない。

新生児の頃のことを今でも根に持っていることが今回わかった。

だからこそ、新生児の頃のことだけではなく、今回のわたしの病気から発生した行き違いなんかも、きっと彼も彼の家族も流せない。

 

父は、色々な話をぶつかって喧嘩して話ができるならば、また前に進めるかもしれないけれど、流してしまったらまた何かのきっかけで、病気の再発や生活の不自由が生まれると言っていた。

 

その当時からぶつかって喧嘩していれば、きっとこのようなことにはならなかった気がする。

もちろんタラレバの話は何も生まれないし、想像の範囲でしかない。

 

お互いの関係が居心地の良いものであるよう、ぶつかるのを避け、丸く収まるように意図してきた。

だから当然の結果だし、なるべくして起こったのかなと思う。

 

何かひとつの原因だけではないことはよくわこっている。だからこそ、何かのせいにすることもできず、自分のせいにして苦しんできたのは病気のせいだと今は思える。

でも相手は決して責任の所在を、自分ではないと、100%ないと否定してくるだろう…

1%もないと。

そしてきっと婚姻関係の破綻を100%わたしが悪いと言って、親権も奪いにくる。

 

今回の場合は99%こちらに親権がくると弁護士さんの話から聞いていても、怖い。

そして相手からたくさんの嫌な話が飛んでくるであろうことが、怖い。

 

そんなこと全てを含めて、やはり自宅に戻った方が良いのかもしれないと悩んでしまう。

 

正解なんてない。

正解なんてないんだけど、

正解を求めている自分がいる。

 

いつかはうに子と2人で生活する必要があると考えていると伝えた。

仕事のことも、父は気になっていたようだ。

病気のこともあって、働けるのか?と。

わたしは落ち着いたら働くのは当たり前だと思っていたので、父の質問は意外だった。

でも、確かにそんな話すらしていなかった。

 

たくさんのことを、聞きたい、わかりたい、知りたい、どうしたいのか、どうすればいいのか問いたいことを、全て聞かずに黙って待っていてくれた。

 

それを思うと、本当に本当にありがたい環境で療養させてもらったんだと、実感した。

 

一人前の大人になりきれていない自分に悔しさと、申し訳なさを感じる。

 

でも、色々考えていること、整理できてきている今聞いてくれたこと、とても嬉しかった。

ありがとう。

 

まだまだ道半ばだけど、もう少し甘えさせてもらいます。あと少し残骸みたいに残っている病気のカケラがなくなるまで、待ってね。