読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふに子のふにふにブログ

ふにふにしてる優柔不断なふに子が産後うつや産後クライシスについて呟いています。過去のことはLINEを読み解きながら少しずつ追記していきます。ご興味ある方はツイッターもしくはこちらのコメント欄にお願いします。

嫌いになれない

嫌いになれない。

 

ふに夫に対して…というのもあるけれど、全般的に人を嫌いになることがほとんどない。

 

んー…好きか、普通か、興味がないか…なのかもしれない。

深く傷つけられて憎む経験がないのかもしれない。

 

嫌いになれない…っておかしいのかな?と思って検索してみた。

そしたらとても納得できることが色々書いてあった。

 

『好きを認めることもできないか、認めたくない、けれどやっぱり好きで』

『嫌いになれたら楽なくらい、今苦しくて』

『ふたりに先はないことはわかっているけれど、別れを受け入れられなくて』

『嫌いになれたら前に進めるのに』

 

そんな気持ち。

でも嫌いになれたらと思っている時点で、好きなんだって。

嫌いになれたらと言う時点で、嫌いになれないんだって。

 

好きの反対が嫌いだと思っているから、

好きをできるだけゼロにしたくて、マイナスを増やしたいだけで、

 

でも好きの反対は実は無関心らしい。

 

確かに、いじめられている時も、嫌いなところを教えて欲しいと思って、友達に聞いたりしたけれど、特に嫌いな要素は出てこなくて

 

出てくるとしても、元気すぎる?うるさい?とかなんか要領を得なくて

 

無視されることがどれだけ辛いか、身にしみている。

 

だから、本当に別れを選択しなくてはいけないならば、

『好きだけど、手放します。』

『好きだけど、卒業します。』

そう心に思ってあげると良いと…

 

これも難しい。

でも自分の気持ちに正直になるってことがわたしにとっていちばん大切なこと。

自分を大切にしてこなかったから、

自分じゃなくひとの意見や考えばかり優先してきたから、たくさん失敗した。

 

自分の気持ちに正直になったからといって、誰かに伝えなくてはいけないわけではない。

 

わたしがそう理解していればいいこと。

わたしの気持ちが楽になる考え方ができればそれで良いということ。

 

結局、まだ同じ課題で終わった。

最近いつも考えたことの結論は、自分の気持ちを大切にするというところに落ち着く。

 

いかに自分を大切にすることが難しいか…

 

まだまだ修行途中です…

 

 

 

参考にしたサイトのツイッターリンクをコピーしました↓

なぜ、嫌いになれないの? http://nemotohiroyuki.jp/manwoman-psychology/7776 @nemotohiroyukiさんから