読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふに子のふにふにブログ

ふにふにしてる優柔不断なふに子が産後うつや産後クライシスについて呟いています。過去のことはLINEを読み解きながら少しずつ追記していきます。ご興味ある方はツイッターもしくはこちらのコメント欄にお願いします。

1歳半検診

1歳半検診は14時受付。

14時には着いて受付したけれど、ひとつ前の回が終わっていないようで長蛇の列。

 

保健師さんとの面談、積み木、名前を聞いて絵から選ぶ、大人の話を聞いているかわかっているかそれとなく確認。

 

その後、歯科検診、身体測定、小児科検診、保健師による育児相談、栄養相談、フッ素塗布。

 

最初は順番通り進んでいたのに、育児相談からつまづいて…なかなか呼ばれない。

そして、呼ばれて話しに行っても、相談ってなに?と言うくらい、流れ作業で、質疑応答は同じことの繰り返しのような対応。

 

ご飯を食べなくて困っています…という質問には、2時間もなにも食べなければ、食べるようになります! 

 

よく転けるような気がして…と言っても、小児科検診でなにもなければ、眼科に行くか靴を変えるかしてみたらと。

 

授乳はまだ続けているので、保育園から帰ったらまずおっぱい。朝も起きたらまずおっぱい。2時間あけてご飯を食べさせるのは難しい…

 

1歳半検診で不安が解消するどころか、眼科!?と不安をあおる結果に。

 

しかも同じ産院で出会った人たちに会い、

みんな順調そうに生活していたり、

旦那さんと一緒に検診に来ていたり、

まだ実家にいるの?と何気ない言葉に傷ついたり…

 

栄養相談にたどり着いた頃には、受付は早く済ませていたのに、なぜか自分の後ろにはほとんど人はいなかった。

 

2時間以上もかかって、収穫は…

きちんと成長していて、問題なさそうなのは、とてもホッとした。

 

あとはとてもとても嬉しかったのは、

待っている間、入り口付近にある絵本の本棚から、本を選んできて、

待合で座っているわたしのそばまで運んできてくれたこと。

たくさんの大人の、子供の、人の流れにぶつかりながらも、ちゃんと見つけて戻ってきてくれる。

見えないところに行っても、きちんと帰ってこれるなんて、本当に大きくなったなぁと…

 

感動した。

 

1歳半検診では産後うつのことは話せず、ふに夫と離れて生活していることも、書いてはいたけれど、気付かれることはなかった。

区の保健師さんに電話もしたことあるけれど、連携はされていないんだなぁと…。

 

見つけて欲しい

気づいて欲しい

わかって欲しい

そういうことは、本当に、

言わないと伝わらないものだなぁと実感。

 

鬱になった時にヘルプを出せたかと言うと、きっと出せていなかった。

なにが鬱かもわからず、鬱ですと言われるまで気付かなかった。

 

だからほんとは産後のお母さん達に寄り添ってくれる、異変に気づいてくれる、そんな場所は必要だと思う。

 

けれど、治療をしていく中で、

自分から発していないことは、相手には伝わらない。

わかってもらえないと嘆いていても、それは自分が発信していないからだと、

それはそうだな…と、気づくようになった。

 

でもなかなかすぐには変わらなくて。

やっぱり難しい。

 

1歳半検診でも、言いたいこと、聞きたいことはあったような気がするけれど、結果何も言えなかった私には、アドバイスをもらうことは無理があった。

 

色々、人との接し方には、課題がある。

その場ではまだうまく話せないことも多い。

けれど、こうやって、考えたり出来るようにはなってきた。

 

わたしも一年半で少しは成長したかな…