読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふに子のふにふにブログ

ふにふにしてる優柔不断なふに子が産後うつや産後クライシスについて呟いています。過去のことはLINEを読み解きながら少しずつ追記していきます。ご興味ある方はツイッターもしくはこちらのコメント欄にお願いします。

長い1日② 診察24回目

自宅に戻ったあと、診察に向かった。

 

ようやく落ち着いてきている気持ち…

振り返りも、訪問看護師さんとできていること、伝えた。

 

23日に彼も先生に会いにきたそう。

彼のことを怖く思っていて、会えない、そのことを伝えてくれていた。

ただ、連絡手段もないのに、どうすれば怖がらせずに済むのかわからないと

娘にも会えないと伝えていたそうだ。

 

でも落ち着くまで、会えるようになるまで、待ってみてはと…。

このままずっと待つのではなく、とりあえず会えるまで…。

 

もう待つのも嫌なんだろうと思っていたから、それはそうだけど、

ただやはり会わないと納得できないということは感じた。

 

そして、やはり、父が連絡をしていることに納得がいかないと…

それも怖くて連絡ができないがゆえ、ご実家が判断された方法だと、言ってくれていた。

 

ふに夫が納得したかはわからない。

前向きに解決を考えている…とは先生の話し方からは思わなかったけれど、

どちらにしても会わないと話は進まないみたい。

 

連休くらいになったら会う方が良いかな…

とりあえず4月いっぱいは休もう。

 

 

実家に帰ってから、うに子の洋服を軽くみわたしてみると、ゴッソリ洋服がなくなっていることがわかった。

出産時に着ていたセレモニードレスもなかった。

どこか別のところへ移したのかもしれないけれど、母曰くぽっかり引き出しが空いていたそう。

 

捨てるとは思わないけれど、

友達からもらった、母から買ってもらったうに子の大切な洋服たち。

 

無くなってるという事実に、くらい気持ちでいっぱいになる。

半分くらいは持ってこれたのかもしれないけれど、何故ないのかわからない。

 

わたしのものも、見当たらないものもあった。

 

でも、うに子のは、あると信じていたから、まさかだった。

 

このことも、いつかふに夫と話をすることがあるのだろうか…

洋服たちは戻ってくるのだろうか…

 

もやもやしたくらい気持ちはすぐには消えないままだ。