ふに子のふにふにブログ

ふにふにしてる優柔不断なふに子が産後うつや産後クライシスについて呟いています。過去のことはLINEを読み解きながら少しずつ追記していきます。ご興味ある方はツイッターもしくはこちらのコメント欄にお願いします。

非表示のLINEを…

久しぶりにLINEを開いてしまった。

ふに夫からは、このま自ら対話と退路を絶ってしまうと本当に帰ってこれなくなりますよと。

丁寧語で。

 

対話を絶っている理由はやっぱりわかってもらえてない。

 

どこかで会おうかなとは思うようになってきた。退路を断つことが本望なのか聞いておきたいと言ってきてるから。

 

返事ができるまで待ちますと書いてくれているので、もう少しもう少し元気がたまるのを待とう。

 

4月は先生からも治療に集中しましょうと言われている。(…のに、LINE開いたのはわたしが悪い)

 

でも、明日はうに子の洋服を取りに、自宅に久々、病院ついでに行くつもり。

滞在10分以内でおさめたい。

 

会ったとしても、少しは話そうと思う。

 

きっと自宅は色々変わっているはず。

 

やっと今日は過去の写真を少し振り返ることができた。楽しそうに笑っていた。

楽しかった。

 

でも生活の全般を任せてもらえない生活はもう出来ない。

いつでも機嫌を見て生活することは、うに子がいる以上もう出来ない。

 

うに子のため生活環境を整えたい気持ちは、離婚で変えられるかと言えば、すぐには出来ないかもしれない。

でもわたしは変わりたい。

結婚して旦那さんに頼る生活を求めていた。

自分の力で生活することができていなかった。

だから自分で決めて、自分で前を向きたい。

自分のことは自分でする。

独身の時にやってきたことだ。

仕事に疲れて甘えてしまったけれど、子供ができて、それではいけないとわかった。

 

うに子が教えてくれた。

わたしはもっと自由でいて良いと。

父母が教えてくれた。

もっと人を頼りなさいと。

 

離婚が必要かはわからないけれど、わたしがわたしでいられないから、

その気持ちいつか伝えられるようになりたい。