ふに子のふにふにブログ

ふにふにしてる優柔不断なふに子が産後うつや産後クライシスについて呟いています。過去のことはLINEを読み解きながら少しずつ追記していきます。ご興味ある方はツイッターもしくはこちらのコメント欄にお願いします。

2日間のワンオペ(朝から夕方)2日目

翌日、わたしの予定がなくなり、母が予定を入れていたため、また朝からうに子とべったり。

今日も昨日と同じ流れにしようかと思ったけれど、昨日の疲れからか動けない。
でもどうにか外に出なきゃと思い、お庭で良いかなぁと思って、うに子に靴を履かせながら、お庭に行こうか!と言うと、ベビーカーに乗ると言う。

そして、大人しくベビーカーに乗り込み、出かける準備は万端。
………。
お昼ご飯はやはり外が楽…
急いで外に出る準備をし始めた。
おにぎりを作って、自分のパンとレトルトと2人ぶんのお茶と用意し、
オムツに着替え、
図書館の返却本と、
銀行の用事と、
全て持って、今日は別の広い公園へ。

この時点で身体はおもく、
すでに頭痛は始まっていた。

公園につくと、保育園の遠足の園児がたくさん。
さらに春休みの親子のグループが何組も。

その中で遊具でたくさん遊ばせて、
お昼を食べさせようとしても、周りが精力的に遊んでいるので落ち着かず
おにぎりもレトルトもほとんど食べず、
用意したかぼちゃコロッケを半分ほど。

お昼を過ぎても眠そうではなく、
まだまだ遊ぼうとする。
普段なら絶対に疲れて寝ている1時を超えても、動きは変わらない。

疲れと頭痛がピークになり、
滑り台から降りるうに子を受け止めるのもざつになり、多少ぶつけても構えなくなってきた。

これではダメだと思い、ベビーカーに乗せてみると、そのまま即寝。

頭痛はするし、寝たから早く帰らないと、お部屋に寝ているうに子を移動させるのは失敗する…
でも用事を抱えて出てきてしまった。

ここで融通がきかないのはわたしの性分。

図書館に行き、銀行に行き、
帰る頃には30分以上かかり、
うに子が寝てから45分経過。

もちろん部屋にそっと起こさず寝かせようと思うけれど失敗。

おっぱいあげても寝ない。

 

もう身体は動かず、うに子にゴメン…と言って横になる。そして30分ほど意識なく…

 

その後起こされて遊んで遊んでと言われても動けず、おむつもかえられず、もちろん手も洗ってない、砂だらけのまま…

また意識なくなり寝てしまう。

 

次は15:30。おっぱい〜と起こされておやつの時間か…と思いながらおっぱいあげてもやっぱり寝ない。立ち上がれず、外に持ち出していたカバンがなんとか手に届き、中に入っていた白パンを渡して食べてもらう。

 

ごめんね、

ごめんね、

おかしもあげられなくて、動けなくて…

 

多分1人で遊んでてくれた。

なにも相手できなかったけれど、ママがぶっ倒れてる時でも、変わらずいてくれた。

本当にありがとう。

 

1人にさせてしまった苦しさや遊んであげれなかった悔しさで涙が出た。

 

2日目は散々だった。

 

元気になってきてると思っていたけれど、

やっぱりまだまだだ。

ゆっくり、ゆっくり、治そう。