読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふに子のふにふにブログ

ふにふにしてる優柔不断なふに子が産後うつや産後クライシスについて呟いています。過去のことはLINEを読み解きながら少しずつ追記していきます。ご興味ある方はツイッターもしくはこちらのコメント欄にお願いします。

受診日 22回目

今日は母と2人で診察室へ

 

夫に対しての病状説明や診断書みたいなものは作ってもらえないか聞きたかったみたい。

確かに、もう、私が話をする以外には方法はない。

 

今朝は電話があった。

掛け直したけど、仕事で出ず…

掛け直すことができたのは診察があったから。夜掛け直してくる気がするけど、夜はきっと出れない。

 

先生からは、家族の話のための予約診察で話はできるけれど、書くことはできないと。

そうだろうな、と思った。

電話も無理って。

 

ラインでのやり取りでは、やはりどうしてもお互いの主張を伝え合うばかり。

そして電話も変わらないだろうと。

 

結局は会わなくては解決には至らない。

 

それがわかった。

 

わたしはラインでのやり取りをやめてしまったらわたしから発信するものがなくなってしまう。

 

だから、両親に頼もうと思うけれど

と言うか、両親が言おうと言ってくれているけれど

 

結局は誰が介しても、何を介しても、

会わない限り伝わらないと。

伝わらないことを分かった上で、

やってくださいと。

 

ラインはもうやめる。

今日の電話は少し考える。

 

診察中震えが止まらず、母にとても心配させた。

 

薬は、ご飯が食べれなくなってしまったこと、眠りが浅くなってしまったこと、結果悪くなっているので、レメロンが戻ってきた。

 

レメロン…なかなかやめられないな…