ふに子のふにふにブログ

ふにふにしてる優柔不断なふに子が産後うつや産後クライシスについて呟いています。過去のことはLINEを読み解きながら少しずつ追記していきます。ご興味ある方はツイッターもしくはこちらのコメント欄にお願いします。

雛人形が足りない

自宅にあるわたしのもの。うに子のもの。

 

必要なものだけ、実家に持ち出しているけれど、まさか春、夏と暖かい時期を迎えるとは思わず、あれこれと使いたいけれど、手元にないものが出てきた。

 

特にわたしの服や物はどうでも良いけれど、

うに子の服や………雛人形

去年うに子のために両親が勝ってくれたもの。

とても素敵な雛人形

今年も飾ってあげたかった。

今年は実家にあるわたしの雛人形でがまん。

 

あとは服。

このすくすくと成長する時期は着れる服もこの時期限定だったり、まさにいましか着れないものがたくさん。

冬に必要なものを持って帰ってきたときに、夏の服は、実家に置いておく場所もあまりなく、自宅に保管した。

まだ必要な時期ではないけれど、春も近づき、ソロソロ洋服の確認がしたい…

うに子のために、買った、買ってもらった服。

 

父と相談して、荷物を取りに帰ることは無しになった。

 

まず、わたしが怖くて近寄れないこと。

病院に行くのも、自宅に近くて怖いと思っている。

そんな状況で近づけない。

 

そして多分、ふに夫立会いのもと荷物を持ち出さないと、盗られたということになりかねないから。

きっと父は言わないけれど、それが大きな理由。

 

とおい、遠い、自宅になったな……