読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふに子のふにふにブログ

ふにふにしてる優柔不断なふに子が産後うつや産後クライシスについて呟いています。過去のことはLINEを読み解きながら少しずつ追記していきます。ご興味ある方はツイッターもしくはこちらのコメント欄にお願いします。

正月くらい自宅に帰りませんか?

義父さんから父を通じて、ふに夫の言葉が届いた。父は、今戻ってもまた貯めてる元気を減らして帰ってきてしまう。

主治医の言うように、元気をためる時期だからと、断った。

 

わたしは…この12月のどこかで一度帰ろうかとずっと考えていたから、悩んだ。

ふに夫はきっと寂しくて、辛くて、苦しんでいる。わたしが…というより、うに子が帰ればきっと元気を取り戻す。

でも、落ち込んでいるふに夫と接するわたしは、耐えられるかわからない。

またわたしのせいだと、自分を追い込んで、少しの出来事がココロに突き刺さって、きっと同じことを繰り返す。それがまた、ふに夫を苦しめる。

 

でもやっぱり、少しでも会いたい…

そう思ったので、父母と相談し、元旦に父に連れて帰ってもらって、少し滞在したいと打診してもらった。

 

叶わなかった。

ふに夫からは、泊まりの帰宅でないと意味がないと。

 

母からはどうしたいか考えられるようになっただけでも良くなってると言われた。

わたしは、薬を増やしてるし、元気になんてなれてない!と言った。

…誤解しないで欲しかった…

母は席を外して、泣いていた。

 

明日はクリスマスイブ。

サンタさんは、やっぱり来ないよね。

いい子の元にしか来ないから。

母を泣かしているような悪い子には来ないから。