読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふに子のふにふにブログ

ふにふにしてる優柔不断なふに子が産後うつや産後クライシスについて呟いています。過去のことはLINEを読み解きながら少しずつ追記していきます。ご興味ある方はツイッターもしくはこちらのコメント欄にお願いします。

いつまでも父親に頼る夫婦…

お義父さんから、父に2人で会いませんか?との電話が。

 

いつまで経っても親離れが出来ない夫婦。

30代と40代もお互い半ばの夫婦。

人として、成熟できなかったのだろうか…

 

昔の仕事先の人から、2年ぶりくらいに連絡があった。とてもお世話になった得意先の方が亡くなられたと。

明日お葬式と聞いていたので、駆けつけようかと思い相談する予定が、今日お葬式で終わってしまったと。

その電話で、元気?と聞かれ、ボソボソと現状を伝えた。わたしはうまく主婦もこなすと思っていたと。でもわたしの真面目すぎる部分が出すぎたんやなと。

なんにせよ、うに子が、ママは笑っていて欲しいと思うはず。特に3歳くらいになったら、悲しんでるママではなく、どんなに忙しくても笑ってるママと一緒に居たいはずだと。

わかってる。

わかってるし、今も見せないように頑張ってる。

 

亡くなった得意先の方が、わたしと仕事先の人と連絡を取るように取り持ってくれたのかもしれないと、その方は言ってくださった。

吐き出すことができるようになったなら、アドバイスは出来ないけどいつでも聞くからと。

 

涙が出た。

まだわたしを、わたしとしてみてくれている人がいる。連絡はほとんど年賀状くらいになっていたけれど、大切な人が亡くなった悲しみも感じた。

どこかで迷ってるわたしを取り戻す…ことはできるのかもしれない…