読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふに子のふにふにブログ

ふにふにしてる優柔不断なふに子が産後うつや産後クライシスについて呟いています。過去のことはLINEを読み解きながら少しずつ追記していきます。ご興味ある方はツイッターもしくはこちらのコメント欄にお願いします。

受診日(17回目)

今日は何を話したら良いかわからなかった。

いつもどうでしたか?と聞かれて…

 

普通の時は普通

でも終わりがない感じがすると

毎日毎日当たり前だけど、終わらないなぁと思うと、そう伝えた。

 

何が終わらないですか?と聞かれ

生活すること、育児、結婚生活、病気、全て…

と。その中で何が1番ツライですか?と聞かれやはり結婚生活が、いつか帰らなきゃと思うことが辛いと。

 

風邪ひいたり骨折したり色々あって…凹んでるのもあるかも。

でも先生は何をわたしが言ったか覚えてないけど、病気になってると帰らなくて良いという安心感があるんですねとわかってた。

その通りで、うつじゃなく、病気であれば帰るのは免除できる気がして、骨折がもう治ることが怖くて…

 

やはり泣いてしまった。

 

普段病気のことは特に触れないでいてくれる両親。普通に接してくれてるのはとても助かっている。だからこそわたしも落ち込まなくて済んでる。

 

けれど、病気のことを相談できるのは先生しかいない。だからこそ、なにかつかえてるものが出て来るのかもしれない。