読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふに子のふにふにブログ

ふにふにしてる優柔不断なふに子が産後うつや産後クライシスについて呟いています。過去のことはLINEを読み解きながら少しずつ追記していきます。ご興味ある方はツイッターもしくはこちらのコメント欄にお願いします。

訪問看護契約

よくわからないけど、看護ステーションの所長さんと、ケアマネジャーみたいな人と、来てくれる予定の看護師さんと三人来て、契約者の内容とか説明して、契約しますか?と言われた。

 

元々主治医の先生からもやってみたら?とは言われていて、3週間に一度しか話せないから、毎週話せる相手がいるだけ助かるかと思って契約するつもりで、自立支援にも追加申請してたけど、多分母が必要なの?という感じだったのと、わたしが必要と言い切れなかったので、訪問看護ステーションの方々も少し戸惑い気味だった。

 

産後うつ訪問看護したことは、所長さんがあるだけで、ほとんどが鬱ではなく、統合失調症や双極などの別の疾患であることはわかった。

 

意味があるかわからないけど、治るなら、薬が減らせるなら、とにかくやってみるしかないと…そう思った。

できれば、わたしだけではなく、家族のケアをして欲しいという気持ちも大きい。

特に母と夫。

病院じゃケアしきれない部分…

でも、そこまで頼んで良いのか、母がいる前ではあまり言えなかった。

 

契約はしたけど、不安の残る1日…